七五三もルーヴルトータルビューティーサロン生駒店にお任せ下さい【生駒市 美容室】

七五三もルーヴルトータルビューティーサロン生駒店にお任せ下さい【生駒市 美容室】

こんにちは!

いつもルーヴルトータルビューティーサロン生駒店のブログをご覧頂きありがとうございます。

10月に入り、七五三のご予約を頂くことが増えて参りました。

七五三は、1681年に館林城主である、徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる一説が有力なようです。

11月15日は、子供の成長を祈って神社や寺などに詣でる年中行事で、今では全国的に行われていますが、元来は関東圏における地方風俗だったそうです。

神事としては、感謝を捧げ祝うことが重要であるという考え方から、現代では、数え年ではなく満年齢で行う場合も多くなっています。

地方によって寒冷地にあたる場所では、1ヶ月早めて10月15日に行う場所もあるようです。

年齢によっての意味も諸説ありますが、ご紹介させて頂きます。

◯数え年3歳

この年齢を「髪置きの儀」とし、主に女の子が行います。

江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀になります。

◯数え年5歳

この年齢を「袴儀」とし、男の子が行います。

男の子が袴を着用し始める儀になります。

◯数え年7歳

「帯解きの儀」とし、女の子が行います。

女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀になります。

他にも出雲地方には、3歳=言葉、5歳=知恵、7歳=歯を髪から授かる事を感謝し、また、3歳、5歳、7歳は子供の厄の一種でもあるという考え方もあります。

最近は、日本髪のヘアセットをオーダーされるお客様も増えてきています。

なかなか日本髪をする機会がなくなってきていますが、七五三で日本髪はかなりオシャレだと思います。

最近では、お着物のレンタルショップで髪飾りもレンタルできるようです。

個人差はありますが、大人に比べると子どもさんは、毛量が少なかったり、髪の毛が細かったりするので、なかなかヘアセットが決まりにくいのです。

日本髪をされるのであれば、専用の髪飾りをご用意して頂く事をオススメ致します。

日本髪のようなヘアセットだけでなく、ウェーブを効かせたふわふわなスタイルも人気です。

大人になると盛ったスタイルは、TPOを選びますが、子どもさんがしているとカワイイですよね!

七五三に備えて、ずっと髪を伸ばされている方も多いのではないでしょうか。

一生の思い出に残る大切な1日は、是非ルーヴルトータルビューティーサロン生駒店にお任せ下さいませ。

みなさまのご来店心よりお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です