皆さんこんにちは!
本日はヘアオイルについてお話しさせていただきます!


皆さんはヘアオイルって使っていらっしゃいますか?
どんな効果があるかわからないし、ベタベタする気がして苦手です、なんて方もいるかもしれません。
紫外線が強くなる季節や乾燥の季節は、気づかないうちに髪の毛のダメージは大きくなります。
そんな方へおすすめなのがヘアオイルです。
しっかりと正しい使い方をすれば、痛んだ髪も見違えるほどのサラサラ美髪になりますよ!
是非正しい効果と使い方を知って、
ヘアケアに効果的に役立ててください。

☆ヘアオイルの役割
ヘアオイルが髪に与える良い効果を理解して、正しく使うことができれば、ケア効果を存分に発揮することができます。
ヘアオイルには髪に潤いやツヤを与え、保湿をする効果があります。
髪がきれいに見えるだけでなく、まとまりやすくなります。
髪が広がりやすいことを気にしている方はヘアオイルを使用するとよくなるかもしれません。
まず、髪はトリートメントなどで潤いを補給しても、オイルで蓋をしなければ蒸発して乾燥してしまいます。
これは顔につける化粧水と乳液の関係に似ていますね。
髪にとってのヘアオイルは乳液の役割をしているのです。
蒸発を防ぐ事で、乾燥してパサパサすることを防ぎ、まとまりやすくする効果もあります。

☆へアオイルの効果
ヘアオイルには、他にも髪に水分や栄養を閉じ込めたり、
ドライヤーの熱から髪を守ってくれる効果を期待できます。
ヘアオイルの効果1
髪をオイルでコーティングすることでドライヤーの熱から潤いを守ってくれる効果があるので、髪にかかるダメージも少なくなるのです。
ヘアオイルの効果2
また、ブラッシングの際にかかる摩擦からも守ってくれる効果もあり、切れ毛や枝毛の予防にもなります。
毛流れも整えてくせ毛にも効果があり、髪の表面にツヤも出してくれるので、まさに良いことづくし!
ヘアオイルの効果3
頭皮マッサージの時にオイルがあれば、摩擦によるダメージを減らすことが出来ます。
ヘアオイルの効果4
冬のような空気が乾燥している時期や夏でもエアコンの効いた部屋に長時間いる場合には、髪も乾燥しやすくなります。
そのような時にヘアオイルを使用すると、静電気を防ぎ、髪をしなやかに保つことができます。

☆ヘアオイルの適切な量は?
ヘアオイルはワンプッシュぐらいが適切です。
ショートヘアであればヘアオイルの量は1~2滴、セミロングであれば2~3滴、ロングであれば3~4滴を目安にしてみてください。
両手にヘアオイルをしっかり伸ばしてから、馴染ませてください。
この時に手のひらにオイルが沢山残ってしまうようだと、付け過ぎです。
また、表面にばかり沢山オイルをつけてしまうこともベタベタしているようにみえる原因の一つです。

是非皆さんもヘアオイルを使ってみて下さい!